【千葉】千葉日大一が雨中の接戦制す エース宮嶋サヨナラ犠飛「取り返したかった」

[ 2019年7月12日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 千葉大会1回戦   千葉日大一5―4成田西陵 ( 2019年7月11日    ZOZOマリン )

<千葉日大一・成田西陵>サヨナラ犠飛を放ったエースの宮嶋
Photo By スポニチ

 千葉日大第一(千葉)は成田西陵との雨中の接戦をエース・宮嶋のバットで制した。

 4―4の9回1死満塁で、サヨナラの中犠飛を放ち「投球も打撃もよくなかったので取り返したかった」と安どの表情。先発したが7回途中3失点し降板。そのまま右翼の守備に入り悔しさを最終回のバットで晴らした。

 昨年夏の甲子園で慶応(神奈川)の主軸として活躍した下山(現慶大)は少年野球チームの1年先輩。中学も同じで「下山さんにはなれないけど同じように甲子園に行きたい」と宮嶋は言葉に力を込めた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年7月12日のニュース