DeNA山崎 プロ初のけん制披露「ひとつ変わったことをしたいと」

[ 2019年7月12日 23:23 ]

マイナビオールスターゲーム2019第1戦   全セ3―6全パ ( 2019年7月12日    東京D )

<全セ・全パ>全セ6番手で登板したDeNA山崎(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 全セ・山崎康晃投手が「プロ初けん制」を披露した。

 1―4の9回。球場全体を包む「ヤスアキジャンプ」で登場した。先頭のグラシアルにはナックルを投じるもすっぽ抜け死球。「謝らないといけないですね…」と苦笑いした。

 2点を失い、1死一塁の場面で、これまで投じたことのないけん制を投じた。「何かひとつ変わったことをしたいと思った。普段と違って楽しんでもらえればいいと思った」と盛り上げた守護神だが、球場を後にする際には「ちょっと遊びすぎました。帰って猛反省です」と照れ笑いだった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年7月12日のニュース