全パ・辻監督、山川に天井弾期待「特大の本塁打を」

[ 2019年7月12日 05:30 ]

フォトセッションで笑顔を見せる全パ・辻監督(左)と全セ・緒方監督(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 11日は東京都内でオールスター前夜祭イベントが行われ、全パを率いる西武・辻発彦監督(60)と全セの広島・緒方孝市監督(50)がトークショーを行った。

 辻監督は、山川に改めて特大弾を要望。「特大の本塁打を期待したい。天井に当たるくらいの」と東京ドームの天井直撃弾を期待した。チームとしても「パ・リーグの強さを十分に発揮できるように」と抱負。第1戦では先発の千賀から有原、宮西、松井、山本と継投する方針も明かした。

 一方の緒方監督は、昨年まで2年連続で指揮を執ったが、いずれも敗戦で全セは4連敗中。「明日は勝てるように、良い試合にしたい」とリベンジを誓った。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年7月12日のニュース