広島・大瀬良 オール直球勝負で森に先制2ラン被弾 荻野にだけカットボール解禁 自己最速154キロも

[ 2019年7月12日 20:00 ]

マイナビオールスターゲーム2019第1戦   全セ―全パ ( 2019年7月12日    東京D )

<全セ・全パ>2回を投げ終え、ベンチに戻る大瀬良(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 広島のエース、大瀬良大地投手(28)が全セの先発投手を務め、西武の森友哉捕手(23)に先制2ランを浴びるなど2回2安打2失点で降板も「幸せだった」と球宴を満喫した。

 チームメートの会沢とバッテリーを組んでのマウンド。初回からオール150キロ超えの直球勝負で秋山、近藤、浅村を3者凡退に仕留めると、2回も主砲・山川との見応えのあるオール直球勝負で空振り三振。続く吉田正ともオール直球勝負で左飛に打ち取った。

 レアードともオール直球で勝負したが、遊撃への内野安打で初めて一塁へ。続く森にもオール直球勝負を挑んだが、1ボール2ストライクからの4球目、真ん中低めの148キロを右翼スタンド中段に運ばれたが「直球に強いから打たれそうなイメージがあったというか…。お客さんも沸いてくれて良かった」とサバサバと語った。

 森に一発を打たれた後は荻野に対して得意のカットボールを解禁。1ボール2ストライクからの5球目、この打席3球目となるカットボールで中飛に打ち取ると、この回限りでマウンドを2番手・今永に譲った。

 大瀬良の投球内容は2回で打者8人に37球(直球34球、カットボール3球)を投げ、2安打2失点。1三振を奪い、四死球はなかった。なお、自己最速タイとなる154キロを初回にマークしている。

 

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年7月12日のニュース