中日・根尾、無安打も「良い経験になった」輝星に三振「悔しい」

[ 2019年7月12日 05:30 ]

フレッシュオールスター   ウエスタン選抜1―5イースタン選抜 ( 2019年7月11日    楽天生命パーク )

3回無死、根尾は中飛に倒れる(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 全ウの3番・遊撃でフル出場した中日・根尾は4打数無安打、2三振。吉田輝との対決では空振り三振し「直球で来るのは分かっていたけど、悔しいです」。

 9回の守備では藤原の打球を処理したが、快足を飛ばされ遊撃内野安打となり「捕った時にはもう一塁手前でした」と苦笑いした。「良い経験になった。後半戦、その先の来年に向けてしっかり練習して準備したい」と飛躍を誓った。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年7月12日のニュース