【佐賀】佐賀北・久保監督初勝利 “がばい旋風”時のエース

[ 2019年7月12日 15:53 ]

第101回全国高校野球選手権 佐賀県大会2回戦   佐賀北4―3鹿島 ( 2019年7月12日    みどりの森県 )

戦況を見守る久保監督(左)
Photo By スポニチ

 2007年の甲子園を“がばい旋風”で制した佐賀北のエース・久保貴大監督が、2017年秋に母校の監督に就任して以来、夏初勝利を飾った。

 昨夏は初戦の2回戦で有田工に敗退。今夏も初戦の相手は昨秋、6月のNHK杯と2度対戦し2度敗れたNHK杯王者・鹿島との厳しい対戦となった。

 初回に先制、3回にも追加点を許し、3点を追う苦しい展開となったが、代打策や犠打が成功し、逆転勝利を収めた。

 勝利の瞬間、ガッツポーズで夏の初星をかみしめた久保監督。「苦しかったです」と率直な思いを口にし、「いいチームなので勝ち上がりたい」と頂点へ意欲を燃やした。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月12日のニュース