NPB観客動員、DeNAが13・3%増 平均トップは阪神

[ 2019年7月12日 05:30 ]

 セ、パ両リーグは11日、前半戦終了時点の観客動員数を発表。1試合平均の観客数は昨年同時期と比べてセが4・5%増の3万4546人、パが同1・3%増の2万6432人となった。

 セは全6球団が昨年を上回り、観客席を増設したDeNAは13・3%増の3万1590人。平均トップは阪神の4万3270人だった。パは楽天が6・1%増の2万5373人、オリックスが4・6%増の2万3516人。平均試合時間はセが3時間18分、パが3時間22分で、昨年同時期と比べてセが2分、パが5分長くなった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年7月12日のニュース