【千葉】一久先輩ばり!背番9・内山好投 東京学館浦安が大勝発進 

[ 2019年7月12日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 千葉大会1回戦   東京学館浦安14-0市原八幡(5回コールド) ( 2019年7月11日    ゼットエー )

 昨年の西千葉大会準優勝校、東京学館浦安(千葉)が11安打14得点で市原八幡に5回コールドの大勝発進。打線にリズムを与えたのが、先発した背番号9、内山の好投だった。

 「先発指名されたときは驚いた」という左腕が5回1死まで無安打投球。「不安もあったがしっかり投げられた」と切れのあるスライダーで7三振を奪い、同じ左腕で同校OBの楽天・石井一久GMばりの快投を演じた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年7月12日のニュース