【埼玉】西武学園文理コールド発進 ヴァイドゥラスが快投 米国生まれ埼玉育ち

[ 2019年7月12日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 埼玉大会1回戦   西武学園文理8―1所沢中央(7回コールド) ( 2019年7月11日    所沢航空公園 )

<西武学園文理・所沢中央>米国生まれ埼玉育ちのヴァイドゥラスが好投
Photo By スポニチ

 米国人の父と日本人の母を持つ西武学園文理の136キロ右腕・ヴァイドゥラスが所沢中央打線相手に6回1/3を1失点に抑え、7回コールド発進に導いた。

 昨夏後に右肩を痛め、1年ぶりの公式戦登板で「緊張した」と初回に失点。だが2回以降は切れのある直球を軸に無失点だった。米国生まれの埼玉育ちで今夏は背番号11。「肩は大丈夫。上のチームにも全力で向かって、甲子園に行く」と力を込めた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年7月12日のニュース