中日・与田監督 自身の後援会パーティーで「今の順位は申し訳ない」と謝罪&後半戦の巻き返し誓う

[ 2019年7月12日 19:10 ]

自身の後援会の激励パーティーであいさつする与田監督
Photo By スポニチ

 中日の与田剛監督(53)の後援会「剛友会」が発足し、名古屋市内のホテルで第1回激励パーティーが開かれた。

 剛友会は中部地方の財界人らが発起人となり旗揚げ。指揮官の恩師である故・星野仙一氏の後援会が、名前から一文字とった「仙友会」と名付けられたことにちなみ、与田監督の後援会も名前の剛から「剛友会(ごうゆうかい)」となった。

 会の冒頭、壇上で挨拶した与田監督は前半戦を振り返り「OBやファン、いろんな方に支えられて戦ってまいりました。今の順位は申し訳ない」と5位に沈むチーム事情を謝罪。

 その上で2位まで2ゲーム差とあり「後半戦に向けて1つでも順位を上げ、優勝を諦めていない。ドラゴンズを東海地方を盛り上げたい。叱咤激励をお願いします」と意気込んだ。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年7月12日のニュース