東海大相模 センバツ絶望的 ボール球でも手が出るスライダーに脱帽

[ 2018年9月24日 05:30 ]

秋季高校野球神奈川大会準々決勝   東海大相模2―5横浜 ( 2018年9月23日    保土ケ谷 )

 東海大相模は来春センバツ出場が絶望的となった。初回に重盗などで3点を失い、中盤以降は及川に食い下がって2点をもぎとったが要所を締められた。

 門馬敬治監督は及川について「半分くらいがスライダーで7、8割はボール球。これを振らされた。見極める目が足りなかった」と脱帽し、「初回の重盗にしても経験の差」と悔やんだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月24日のニュース