中日 CS遠のく3連敗 無援ガルシア最多勝争い2差足踏み「諦めない」

[ 2018年9月24日 05:30 ]

セ・リーグ   中日0―2ヤクルト ( 2018年9月23日    ナゴヤD )

<中・ヤ>力投するガルシア(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は今季9度目の零敗で3連敗に沈んだ。逆転でのCS進出を狙うどころか3位・巨人から3・5ゲーム差まで後退。原に5回まで8安打を浴びせながら4併殺の拙攻に森監督は「ヒットが出て塁をにぎわせたが、乗り切れない。負けは負け。認めるしかない」とため息をついた。

 波に乗れない打線とは対照的に先発のガルシアは7回5安打2失点と試合をつくった。8敗目が付いても「いつも僕が投げる時は打ってくれていたのでしょうがない」と淡々した表情。2試合続けての中5日で14勝目には届かず、最多勝を争う広島・大瀬良との2勝差を詰められなかった。可能性は厳しくても「あと2回投げられる。気持ちは諦めない。狙えるよう頑張る」と前を向いた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月24日のニュース