ヤクルト近藤 球団新35H 今季チーム最多68試合目登板

[ 2018年9月24日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト2―0中日 ( 2018年9月23日    ナゴヤD )

<中・ヤ>4番手で登板し、1回を無失点に抑えた近藤(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・近藤が2―0の8回を3者凡退に抑え、10年の松岡を抜く球団新の35ホールド目を挙げた。

 先頭の大島を直球で右飛に仕留めると、ビシエドは一ゴロ。アルモンテも遊ゴロに仕留め、主軸を危なげなく料理した。今季チーム最多の68試合目の登板となったプロ17年目の35歳は「僕だけの数字ではない。みんなが支えてくれている」と感謝した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年9月24日のニュース