ヤンキース 主軸のグリゴリアスが手首負傷 シーズン絶望の可能性も

[ 2018年9月24日 10:31 ]

ヤンキースのディディ・グリゴリアス内野手 (AP)
Photo By AP

 ヤンキースのディディ・グリゴリアス内野手(28)が右手首の軟骨を損傷し、残りのシーズンを欠場する可能性があるという。大リーグの公式サイトが23日に伝えた。

 ヤンキースは前日22日のオリオールズ戦でサヨナラ勝利を飾り、グリゴリアスがヘッドスライディングで決勝のホーム。ヒックスの二塁打で一塁から一気に本塁へ生還したが、このヘッドスライディングで右手首の軟骨を損傷したという。グリゴリアス本人はプレーオフまでに間に合わせる考えだが、ブーン監督は戦列に復帰できない可能性もあると明かしている。

 今季のグリゴリアスはチームの正遊撃手としてここまで132試合に出場。打率2割6分8厘、27本塁打、86打点と活躍を見せ、本塁打と打点はチーム2位の成績を残している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月24日のニュース