巨人・阿部、右前適時打に「イメージ通りに打ち返せた」

[ 2018年9月23日 17:52 ]

セ・リーグ   巨人2―1阪神 ( 2018年9月23日    甲子園 )

<神・巨>6回2死一二塁、阿部が右翼へ先制の適時安打を放つ (撮影・大塚 徹) 
Photo By スポニチ

 巨人・阿部慎之助内野手(39)が23日の阪神23回戦(甲子園)に「5番・一塁」で先発出場。6回の第3打席に。

 6回2死一、二塁。2ボールから、代わったばかりの阪神の2番手、能見の内角球をジャストミート。鋭く右前にはじき返し、2走のマギーが生還を果たした。

 貴重な先制点を叩き出す適時打に阿部は「いつも以上にコンパクトなスイングを心掛けた。イメージ通りに打ち返せた」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月23日のニュース