広島 西川龍馬が同点打「やり返すことができてよかった」

[ 2018年9月23日 20:31 ]

セ・リーグ   広島―DeNA ( 2018年9月23日    マツダ )

 広島・西川龍馬内野手(23)は0―1の6回1死一、二塁で、DeNA先発・石田から左前適時打を放って、同点に追いついた。

 「打ったのはストレート。前の打席でやられていたので、何とかやり返すことができてよかった」

 石田の前に、5回までは投手・大瀬良が放った1安打のみに抑えられていた。それでも6回先頭の菊池の三塁へのゴロを宮崎が失策。鈴木の安打で広げた好機に西川が応えて、試合を振り出しに戻した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月23日のニュース