巨人 攻撃的オーダーが機能 長野3安打、坂本勇14日ぶり15号

[ 2018年9月23日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人5―0ヤクルト ( 2018年9月22日    東京D )

<巨・ヤ>初回2死二、三塁、長野が左前へ2点打を放つ (撮影・大塚 徹) 
Photo By スポニチ

 巨人は約1カ月ぶりにマギーを二塁に据えた攻撃的オーダーが機能した。

 初回はマギーの三ゴロの間に先制すると、長野が2死二、三塁から左前に2点適時打。3安打でお立ち台に立った長野は「ここ何試合か点が取れていなかったので先制できて良かった」と話した。岡本は3打数無安打で右手に死球を受けてから19打席無安打だが、全員でカバー。4―0の7回には、坂本勇が14日ぶりの15号ソロを左翼席上段に運び「久々に気持ちよく打てた。いい当たりだった」と喜んだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月23日のニュース