京都フローラ 女王貫禄10安打6点 岩谷初回V打

[ 2018年9月23日 05:30 ]

日本女子プロ野球   京都フローラ6―3愛知ディオーネ ( 2018年9月22日    豊田市運動公園 )

<愛知ディオーネ・京都フローラ>初回、左中間へ先制の2点二塁打を放つ京都フローラ・岩谷
Photo By スポニチ

 ヴィクトリアシリーズは、3年ぶりの優勝を決めている京都フローラが10安打で6点を奪い、愛知ディオーネを下した。

 初回1死一、二塁で岩谷の左中間への2点二塁打で先制すると、4回2死二、三塁から浅野の三塁内野安打で1点を追加。7回は押し出し四球と星川の右翼線への2点打で3点を加えて突き放した。決勝打の岩谷は「前の打者が粘っていたので球を見極めていこうと。結果としても残すことができてよかった」と喜んだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月23日のニュース