慶大 嶋田が読み通り決勝弾 監督から指導受けた成果発揮

[ 2018年9月23日 05:30 ]

東京六大学野球第3週第1日   慶大2―1明大 ( 2018年9月22日    神宮 )

1−1の9回無死から勝ち越しソロを放った慶大・嶋田
Photo By スポニチ

 慶大・嶋田が1―1の9回先頭でリーグ戦通算2号ソロを放ち、試合を決めた。

 「春季で変化球に弱かったことが知られているので絶対に直球はない」と読み、2球目のスライダーを強振して左翼席に運んだ。夏の練習で林卓史助監督から「バットを上から投げるように打て」とマンツーマンで指導を受けた成果を発揮した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月23日のニュース