広島ついにM1…代打・松山がサヨナラ打「あした絶対勝って優勝を決めたい」

[ 2018年9月23日 22:00 ]

セ・リーグ   広島2―1DeNA ( 2018年9月23日    マツダ )

9回、松山のサヨナラ打にわく広島ナイン(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 広島がついに球団初の3連覇に向けた優勝マジックを「1」とした。

 1―1で迎えた9回、野間の四球と会沢の安打、代走・堂林の盗塁で得た1死二、三塁のチャンス。代打に出ていた松山がフルカウントからDeNA5番手の三嶋が投じた内角スライダーを右前へ弾き返した。劇的なサヨナラ打に右拳を突き上げる松山。ベンチを飛び出したナインに一塁ベース付近でもみくちゃにされると、顔をしわくちゃにして喜びを爆発させた。

 「外野フライでもいいと思って」打席に入ったというヒーロー。「すごい緊張したんすけど…何とか打てました。とにかく三振しないように、何とかバットに当てようと思って…当たってくれました」と息を切らしながら話すと、打球が抜けた瞬間の気持ちを聞かれ「いやもう本当に…へへっ。何とも言えないです、本当に最高です」と会心の笑みを浮かべた。

 マジック「2」で迎えたこの日。2位・ヤクルトがデーゲームで勝利を収めたためナイターの広島は勝ってもこの日の優勝決定はなかったが、先発の大瀬良がロペスのソロ本塁打一発のみに抑える8回1失点の好投でチームに勇気を与えた。「あそこまで頑張って投げてくれたんで何とか勝ちをつけてあげたいと思ってたんですけど」と大瀬良に今季16勝目をプレゼントできなかったことを悔やんだ松山だったが、「残念ながら勝ちはつかないんですけど、本当に粘り強く投げてくれてチームが勝てたので、大地(大瀬良)も満足してくれていると思います」とエースの気持ちを代弁した。

 さあ、これで待望のマジック1。24日のDeNA戦(マツダ)に勝てば無条件で球団初の3連覇、そして1991年以来27年ぶりとなる地元での優勝が決まる。「あした絶対勝って優勝を決めたいです!」。33歳ベテランの声が響くと、満員のマツダスタジアムから一斉に歓声があがった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月23日のニュース