ロッテ 中村が決勝アーチ「ちょっと遅いけど、いい場面で打てて良かった」

[ 2018年9月23日 22:51 ]

パ・リーグ   ロッテ8―3楽天 ( 2018年9月23日    楽天生命パーク )

ファンの歓声に応える中村(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 ロッテの4年目・中村が決勝アーチを放った。

 楽天戦の5回、2死一塁で岸のスライダーを左翼スタンドへ。勝ち越しの6号2ランに「真っすぐを待ちながら、(変化球に)うまく対応できた」。チームの連敗を8で止める貴重な一発に「もっと早く打てたら良かったけど…。ちょっと遅いけど、いい場面で打てて良かった」と喜んだ。

 今季35盗塁はリーグ2位。タイトルも射程に捉えているが、一方で長打力も中村の魅力だ。本人も「クリーンアップを任せてもらっている。長打も求めていきたい」と力強かった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月23日のニュース