西武8連勝M7 山川9回2死から逆転43号3ラン

[ 2018年9月23日 05:30 ]

パ・リーグ   西武5―3ロッテ ( 2018年9月22日    ZOZOマリン )

<ロ・西>9回2死一、二塁、逆転3ランを放ち、チームメートに祝福される山川(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 花は持たせたが、試合は取った。1点を追う9回2死一、二塁。西武は敗戦まであと1アウトのところで、山川が逆転の左越え43号3ラン。8戦連続2桁安打で、開幕8連勝以来の8連勝となった。

 「一試合ずつ必死で戦った結果がこういう形になっている」と山川。敵地がロッテ・福浦の2000安打と勝ち越しに沸いた直後の土壇場で、今季36度目の逆転勝利をたぐり寄せた。連勝中は6本塁打で「奥さんに9連戦(1試合が雨天中止で実際は8試合に)で6本打つって言っていた。本当になってよかった」。シーズン43発は田淵、秋山幸に並ぶ球団7位となった。

 80勝両リーグ一番乗りでマジックを7に減らした辻監督は「選手には恐れ入る。疲れてスイングも鈍くなったりしているけど、見事」とナインを称えた。 (春川 英樹)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月23日のニュース