【福浦に祝福の声】巨人・高橋監督 高校時代から「名前や存在は知っていたよ」

[ 2018年9月23日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ3―5西武 ( 2018年9月22日    ZOZOマリン )

<ロ・西>8回無死、福浦は二塁打で2000安打を達成し笑顔を見せる(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 【ナイン、球界関係者からの祝福の声】

 《ロッテナイン》

 ▼井口監督 福浦らしいヒット。ケガがありながら積み重ねる姿をずっと見てきたのでうれしい。野球人生はまだ続く、これからもしっかり頑張ってほしい。

 ▼小野2軍投手コーチ(93年ドラフト6位で同期入団。1年目の夏には一緒に打者転向のテストも受ける)投手として一緒に体力づくりもやった。打者転向してからのどん底も知っているだけに、本当に凄い。

 ▼大塚外野守備走塁コーチ(93年ドラフト3位で同期入団)あいつはいろんなものに感謝しながら食らいついて達成した。誇りに思う。

 ▼角中 体はグラウンドに出られる状態じゃないのにファンのためにも頑張ってきた。僕らはそういうところを見ているので凄くうれしい。

 ▼田村 入団2年目から自主トレを一緒にさせてもらって本当に勉強になる。福浦さんを見てきたからこうやって僕も1軍である程度成績を出せている。

 ▼林信平球団本部長 ロッテでは有藤さん以来のことで喜ばしい限り。いつまでやるかは自分で決めてくれたら。納得いくまでやってほしい。

 《球界関係者》

 ▼伊東勤氏(前ロッテ監督、スポニチ本紙評論家)ここ数年は1打席勝負のような形になっていたけど、いつも同じ時間に球場入りし、準備をしっかりする。若い選手は勉強になったと思う。私が西武のマスクをかぶっているときに出てきた選手。バットコントロールがうまく、左投手を上手に打つ。敵としてよくやられた印象がある。派手さはないけど、自分のスタイルを貫き通した職人肌。最後の1打席まで完全燃焼してもらいたい。

 ▼ヤクルト・小川監督(習志野OBで75年夏の甲子園優勝投手)スカウトになったときに福浦は習志野の3年。左投手としてリストアップしたが、打撃もいいと思った。ドラフト下位で入団当初のことを考えると、ここまでくるのは彼の努力以外何ものでもない。

 ▼巨人・高橋監督(同じ75年生まれで千葉県出身)一昨年、昨年、今年と「頑張れ」という話をしてきた。今年の春も「あと何本?いけそうだな」と声を掛けた。名前や存在は(高校時代から)知っていたよ。

 ▼巨人・上原(同じ75年生まれ)簡単なことではない。50年会でLINEのグループでつながっているので「おめでとう」と打ちました。

 ▼楽天・今江(15年までロッテで同僚)ロッテにいた頃の福浦さんは常に安打を打っているイメージ。その福浦さんが2000安打を打つまで苦労された。改めて凄い記録だと思った。生で見たかった。

 ▼女子ゴルフ・鈴木愛(17年賞金女王、15年から合同自主トレを行う)最近連絡を取って「2000本のことを考えても仕方ないから気楽にやるわ」と言っていた。自主トレでは年々トレーニング量を増やされていた。心の底から“おめでとうございます”と伝えたい。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月23日のニュース