慶応 コールド勝ちで4強 次は横浜戦 1年生場外弾の本間「チャレンジャー精神で積極的に」

[ 2018年9月23日 16:17 ]

秋季高校野球神奈川県大会準々決勝   慶応8―1横浜商 ( 2018年9月23日    保土ケ谷 )

 慶応が13安打の猛攻で横浜商を7回コールドで下し、4強進出。10月6日の準決勝で横浜と対戦することが決まった。

 1―1の3回、3番・本間颯太朗内野手(1年)が左越え場外へ勝ち越し2ラン。公式戦初アーチで快勝に導いた。奈良・生駒ボーイズ出身では井上(現・花咲徳栄)らとチームメートで、慶応では今秋からベンチ入り。高校通算はこの日で8本目。1メートル66と小柄だが、パンチ力ある打撃が武器で「小さいから常にフルスイングを心がけている」と胸を張った。

 次戦・横浜戦へ「強い相手だけれど、チャレンジャー精神で積極的にやりたい」と腕をぶした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月23日のニュース