中日・森監督 審判団にらみつけた 9回2死から判定覆り試合終了

[ 2018年9月23日 05:30 ]

セ・リーグ   中日2―4DeNA ( 2018年9月22日    横浜 )

<D・中>2回までに4点を失った先発・笠原(右)と話す森監督(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 5連勝中だった中日・笠原が初回の筒香の一発に泣き、7回5安打ながら4失点。約2カ月ぶりの黒星となる4敗目を喫し「前半にあのような形で点を取られてしまって悔しいです」と肩を落とした。

 2点を追う9回2死ではアルモンテの遊ゴロが一度はセーフとなったものの、DeNA側のリクエストで判定が覆って試合終了。納得できない森監督は審判団をにらみつけた。後味の悪い黒星で最下位に転落した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月23日のニュース