横浜、東海大相模下し4強 及川が5安打13K完投 

[ 2018年9月23日 13:29 ]

秋季高校野球神奈川県大会準々決勝   横浜5―2東海大相模 ( 2018年9月23日    保土ケ谷 )

 横浜の来秋ドラフト候補でエース左腕の及川(およかわ)雅貴投手(2年)が5安打2失点13奪三振完投。東海大相模を下し、4強に進出した。

 投球の大半が武器のスライダー。「直球の調子が良くなかった。でも相手は直球に強いイメージだったのでもともとスライダーは多めに投げるつもりだった。(スライダーで)カウントも空振りもとれたのは良かった」と振り返った。

 「相模に勝てたのは自信になったけど、次の相手を倒さないと関東大会も出られない。切り替えてやっていきたい」と力を込めた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月23日のニュース