早大2メートル左腕・今西拓弥、6回を3安打無失点「自信になりました」

[ 2018年9月23日 14:21 ]

東京六大学野球秋季リーグ戦第3週第2日 2回戦   立大1―0早大 ( 2018年9月23日    神宮 )

 早大の2メートル左腕・今西拓弥(2年=広陵)がリーグ戦初先発、6回を3安打無失点に抑え存在感を見せた。

 左をスタメンに7人揃える立大相手に「きのう小島がいい投球をしてくれた。左の方がいいと感じて」今西を先発に指名。140キロ中盤のストレートに変化球もコースに決め、三振も5個奪った。「ストレートが決まりだしていい感じで投げられました。自信になりました」と三塁を踏ませない投球。打線の援護がなく勝敗はつかなかったが、先発の一角に食い込めれば他校の脅威となりそうだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月23日のニュース