【佐賀】唐津商 3番・土井2発で4強けん引 佐賀学園にコールド勝ち

[ 2018年7月20日 14:07 ]

第100回全国高校野球選手権記念 佐賀大会準々決勝   佐賀学園2―10唐津商 ( 2018年7月20日    みどりの森県営球場 )

4回、先制ソロ弾を放ち笑顔で本塁に向かう唐津商・土井
Photo By スポニチ

 2年ぶりの夏出場を目指す唐津商が3番・土井克也(3年)の2発を含む9安打で10―2で佐賀学園に8回コールド勝ちした。

 土井は4回、先制点となるソロ本塁打を右翼席に放った。チーム初安打をド派手な先制弾で飾った。

 2発目は、6点リードで迎えた8回2死二塁の場面。左中間中段へコールド勝ちを決める大きな“サヨナラ2ラン”をたたきこんだ。

 自身初という1試合2発を放ち圧巻のパワーをみせた土井は、捕手としても先発・伊藤諒成(3年)を好リード。攻守にわたる活躍でチームの準決勝進出に貢献した。

 吉冨俊一監督は「みんなが打ってるので土井も楽に打ててる」と好調な打線に目を細め「いい感じで次に臨める」と次戦への手応えを感じていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月20日のニュース