V候補東芝、1球に涙 悔やむ平馬監督「自分が未熟」

[ 2018年7月20日 05:30 ]

スポニチ後援第89回都市対抗野球第7日・2回戦   東芝2―4JR西日本 ( 2018年7月19日    東京D )

敗れた東芝・平馬監督が唇をかみしめる(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 出場チーム最多の7度の優勝を誇る名門が姿を消した。

 就任1年目の東芝・平馬監督が悔やんだのは継投のタイミングだ。先発・加嶋は球が浮き始めた4回、3番手・岡本は登板した7回の先頭打者に被弾した。「自分が未熟でした。選手を責めることはできない。勉強することはまだあります」。都市対抗通算80勝目は来季以降にお預けとなった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月20日のニュース