楽天・美馬 右肘回内屈筋付着部炎と診断 今後も1軍に同行し調整へ

[ 2018年7月20日 17:59 ]

 右肘を痛めて出場選手登録を抹消されている楽天・美馬が、神奈川県内の病院で検査を受け「右肘回内屈筋付着部炎」と診断された。

 今後も1軍に同行して調整する予定で、炎症が治まるのを待って投球練習などを再開する。美馬は「痛みが取れてからキャッチボールをします」と話した。

 平石監督代行は「長期離脱はない。あとは順調に回復するのを願うだけ」と軽症であることを強調した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月20日のニュース