DeNA桑原 サイクル安打達成!プロ野球史上67人目&72回目

[ 2018年7月20日 21:01 ]

セ・リーグ   DeNA―阪神 ( 2018年7月20日    横浜 )

<D・神>8回無死、中二塁打を放ちサイクル安打を達成、花束を贈られた桑原(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAの桑原将志外野手(24)が20日に横浜スタジアムで行われた阪神戦でサイクル安打を達成した。

 今年の7月9日にヤクルトの山田哲人が記録して以来で、プロ野球史上72回目(67人目)。セ・リーグでは37度目。球団では横浜ベイスターズ時代の02年にボイ・ロドリゲスがマークして以来の快挙となった。

 0―1の初回に阪神先発の秋山の2球目をレフト方向へ今季初、通算7本目となる初回先頭打者本塁打。

 続いて、2回1死二塁から左前適時打を放った。そして4回1死無塁でライトフェンス直撃となる三塁打。6回は四球だったが、8回に左中間へ二塁打を放った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年7月20日のニュース