大谷、投球練習再開へGOサイン 右肘再検査「医学的に認められた」

[ 2018年7月20日 08:07 ]

エンゼルスの大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルス・大谷が19日(日本時間20日)、ロサンゼルス市内の病院で右肘の再検査を受けた。「エ軍のスティーブ・ユン医師の診断を受け、順調に回復しており、投球練習再開が医学的に認められた」と、球団が発表した。

 今後はキャッチボールから再開し、遠投、ブルペン投球と順次再開していくとみられる。

 メジャー1年目の大谷は右肘の内側側副じん帯損傷の診断を受け、6月8日に自身初の故障者リスト(DL)入り。今月3日に打者で先行復帰していた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月20日のニュース