【東東京】帝京 横手投げ左腕・白石、省エネ完投「無心が良かった」

[ 2018年7月20日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念東東京大会4回戦   帝京6―2順天 ( 2018年7月19日    神宮 )

 東東京・帝京が10年連続の16強進出を決めた。1メートル80の横手投げの左腕・白石が2戦連続で先発し、5安打2失点。100球ちょうどの省エネ投球で完投した。

 「無心で放ってたのが良かった。後ろに(エースの)松沢がいるから思い切って放れている」と前田三夫監督。1年生ながら正二塁手を務める小松も、横っ跳びで中堅へ抜けそうな当たりを好捕するなどバックももり立てた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月20日のニュース