大リーグ球団拡張 コミッショナーがラスベガスなど6都市をリストアップ

[ 2018年7月20日 10:21 ]

大リーグ機構のロブ・マンフレッド・コミッショナー (AP)
Photo By AP

 大リーグ機構のロブ・マンフレッド・コミッショナーが17日、出演したテレビ番組の中で現行の30球団から2球団増やし、全32球団に拡張させたい考えを示した。

 コミッショナーは拡張球団の候補としてラスベガス、ポートランド、シャーロット、ナッシュビル、そしてカナダのモントリオールとバンクーバーの6都市を挙げ、メキシコにフランチャイズを置くことについては「長い目で見ればあり得る」と語った。

 大リーグは1993年にロッキーズとマーリンズが加わり28球団に拡張。さらに1998年にはダイヤモンドバックスとレイズの加入で30球団となった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月20日のニュース