西武・栗山 小児がんのこどもたちを招待 4年目迎え「もっと野球を好きになって」

[ 2018年7月1日 12:55 ]

招待したこどもたちと記念撮影に収まる西武・栗山
Photo By スポニチ

 西武・栗山巧外野手(34)は1日の楽天戦(メットライフドーム)に「小児がんのこどもとそのご家族」を招待し、試合前にはサイン会や記念撮影などで交流した。

 栗山は14年から「小児がんのこどもとそのご家族」を支援し、15年からは主催試合への招待を開始。今季の招待は4度目となる。

 「この病気で苦しんでいるお子さんは多いし、苦労されている親御さんもいる。少しでも気分転換になってもらえたら」と栗山。

 招待を初めて4年目を迎え「大きくなったな、この子。という子もいる。こういう機会にもっとライオンズを、もっと野球を好きになってもらえたらうれしいです」と話した。

 チームは楽天相手に2連敗中。2位日本ハムにはゲーム差なしと迫られている。今季、栗山が招待した過去3試合は全てチームは勝利している。

 ライオンズ・クラシック2018として、04、08年と2度の日本一に輝いた当時のユニホームをまとい臨む一戦。

 「また違った見方で楽しんでもらえたら。いい試合ができるように、勝てるように頑張ります」と連敗ストップへの意気込みを力強く口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月1日のニュース