ヤクルト 山田哲、150号も大敗に笑顔なし「まだ通過点」

[ 2018年7月1日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト7―15阪神 ( 2018年6月30日    神宮 )

<ヤ・神>7回1死一塁、山田哲はバックスクリーンに通算150号を放つ(撮影・森沢 裕)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの山田哲が7回に17号2ランを放ち、球団史上最年少の25歳11カ月で通算150本塁打を達成。1死一塁からマテオの151キロ直球をバックスクリーンに運んだ。しかし、大敗を喫して連勝は5でストップ。初回に自身の失策が絡んで一挙6点を失い、試合の流れを手放しただけに笑顔はなく「まだ通過点。これからも自分の打撃をできるように日々練習していきたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月1日のニュース