オリックス・ディクソン 6回1失点で今季初勝利「ホッとしている」

[ 2018年7月1日 17:24 ]

パ・リーグ   オリックス6―3日本ハム ( 2018年7月1日    札幌D )

<日・オ>オリックスの先発投手・ディクソン(撮影・高橋茂夫) 
Photo By スポニチ

 オリックス・ディクソン投手(33)は1日の日本ハム戦(札幌D)に先発登板。6回104球を投げ4安打1失点で今季10試合目の登板で初勝利を挙げた。

 持ち球のナックルカーブを駆使して凡打の山を築いた。4回1死二塁から日本ハム・中田に左前適時打されたものの、緩急をつけた投球で昨年8月11日の楽天戦以来の白星を手にした助っ人右腕は試合後、お立ち台で「ホッとしている。やっと勝てました」と安どの表情。この日の投球については「野手のみんなが助けてくれた。得点を取ってくれたので思い切って投げられた」と序盤に大量得点したチームメートに感謝していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月1日のニュース