DeNA 再びロペスが登録抹消 右太腿裏に違和感 前回とは違う箇所

[ 2018年7月1日 12:27 ]

DeNAのロペス
Photo By スポニチ

 DeNAのホセ・ロペス内野手(34)が1日、右太腿裏の違和感で出場選手登録から抹消される。30日の広島9回戦(横浜)で4回に左翼線安打を放った走塁中に同箇所に違和感を覚え、6回の守備からベンチに退いていた。ラミレス監督は「ラインアップからいなくなるのは痛いけど、(選手間投票で出場する)オールスターもあるし、10日あれば良くなると信じたい」と話した。

 同選手は5月29日の楽天戦(横浜)で右太腿裏を痛めながら、6月3日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)に「5番・DH」で出場したものの走塁中に痛みが再発したため、翌4日に出場選手登録を抹消。静養に務めたことで痛みが治まったため、29日に戦列復帰したばかりだった。広報によれば「前回とは違う箇所」というが、打率・326、16本塁打、42打点の主砲が離脱するのは大きな痛手となる。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月1日のニュース