巨人に“新方程式”上原→沢村→マシ完全リレー 指揮官「この形に」

[ 2018年7月1日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人5―2中日 ( 2018年6月30日    ナゴヤD )

<中・巨>9回1イニングを抑えたマシソンは今季初セーブ(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 巨人が新たな方程式で逃げ切った。守護神カミネロが2軍落ちし、7回から上原、沢村、マシソンの継投。それぞれ1イニングを打者3人で斬るパーフェクトリレーだった。「自分はどんな状況でも抑えないと信頼を取り戻せない」と上原。逆転サヨナラ負けした前夜の敗戦投手となった沢村は「やられたらやり返さないと」と気合の表情だった。「プレッシャーはなかった」というマシソンは今季初セーブ。高橋監督は「3人でいい形で締めくくってくれた。(今後も)この形になるのかな、と思う」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月1日のニュース