ヤクルト 山田哲の通算150号 池山下回る球団最年少記録

[ 2018年7月1日 08:51 ]

セ・リーグ   ヤクルト7―15阪神 ( 2018年6月30日    神宮 )

<ヤ・神>7回1死一塁、山田哲はバックスクリーンに通算150号を放つ(撮影・森沢 裕)
Photo By スポニチ

 山田哲(ヤ)が30日阪神戦の7回にマテオから今季17号2ランを放ち通算150本塁打を達成した。プロ野球168人目。初本塁打は12年8月10日の巨人戦で内海から。25歳11カ月での150号は90年清原(西)の22歳11カ月を筆頭に歴代10位の年少到達となり、ヤクルトでは92年池山の26歳4カ月を下回る最年少記録だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月1日のニュース