大谷 調整急ピッチ、復帰へ1日にも投手相手フリー打撃開始

[ 2018年7月1日 05:30 ]

エンゼルスの大谷
Photo By スポニチ

 エンゼルス・大谷が30日(日本時間1日)にも投手相手に実戦形式のフリー打撃を開始する。オリオールズ戦が行われたボルティモアで取材に応じたマイク・ソーシア監督は「彼の今日の状態はとても良い。週末(同1日)にも投手の投げる球を打つ可能性がある」と説明した。

 遠征に同行していない大谷は手術回避が決まった28日、故障判明後初めて右手も使って打ち込んだ。29日は屋外で打撃練習を5、6セットこなしたという。調整は急ピッチで進んでおり、7月上旬のメジャー復帰が見込まれる。指揮官は「こういう時に大事なことは翌日の体の反応。投手の球速に対応する準備が整えばメジャーに戻す」と打者での早期復帰に前向きな見通しを示した。(笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月1日のニュース