宮西 プロ初登板から600戦連続救援、1球団での達成は初

[ 2018年7月1日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム5―2オリックス ( 2018年6月30日    札幌D )

<日・オ>打者2人を抑えた宮西(撮影・高橋 茂夫) 
Photo By スポニチ

 宮西(日)が30日のオリックス戦で通算600試合登板を達成した。プロ野球40人目。初登板は08年3月25日の西武戦。なお、宮西は全試合救援。600試合以上連続救援登板は岩瀬(中)の853試合を筆頭に史上4人目。うち、1球団での達成は岩瀬に次ぎ2人目だが、プロ初登板からは宮西が初めてだ。また、この日は今季16ホールド目を挙げ、山口鉄(巨)に並ぶプロ野球記録の通算273ホールドも達成した。初ホールドは08年4月4日のオリックス戦。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月1日のニュース