栗山監督「本当に申し訳ない」と謝罪 大谷については「本当に無理だった」

[ 2017年2月4日 00:55 ]

大谷ついて記者の質問に答える栗山監督
Photo By スポニチ

 アリゾナ州ピオリアでの春季キャンプを行っている日本ハム・栗山英樹監督(55)が3日(日本時間4日)、右足首痛で3月のWBCに不参加が正式に決定した大谷翔平投手(22)について言及。

 「何とかできるように12月、1月とやってきたが、本当に無理だった」と語り「侍関係者、代わって選ばれる選手たちに迷惑をかけてしまい、本当に申し訳ないです。(大谷)翔平が一番悔しいし、申し訳ない気持ちを持っていると思う」と謝罪した。

 10日(同11日)まで行われる同キャンプ期間は、このまま大谷を1軍に帯同させる意向も明かし「彼(大谷)の野球人生、我々も止まるわけにはいかない。決定を受け、しっかりやっていきたい」と前を向いた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2017年2月3日のニュース