侍・稲葉打撃コーチ 大谷を視察「振れていた」けど「痛み」も…

[ 2017年2月3日 05:30 ]

練習の合間に稲葉氏(左)と話をする大谷
Photo By スポニチ

 侍ジャパン・稲葉打撃コーチが、14年までプレーした日本ハムのキャンプで大谷の打撃練習を視察。

 「思ったより振れていた。ただ本人が“少し痛みを感じる”と話していた」とし「打者として必要なのは確か。出場するのがいいか、無理をさせずにやめさせた方がいいのか」と悩ましそうに話した。大谷との会話は弾んでいたが、「“暗くなってもしようがないから明るくしています”と話していた。そういうところも翔平らしい」と振り返っていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年2月3日のニュース