西武ドラ1今井 右肩張りでブルペン回避「カメラの前で力が…」

[ 2017年2月3日 05:30 ]

菊池(左)の横でストレッチをする今井
Photo By スポニチ

 西武ドラフト1位・今井(作新学院)が右肩の張りでブルペン入りを回避した。初日に捕手を立たせて29球を投げ、この日も当初はブルペン入りのメンバーに入っていた。

 「(初日に)あれだけのカメラの前で投げたので力が入ったと思う。でも大丈夫です」と軽症を強調。今後は首脳陣と話し合い、状態を見てじっくり調整する方針だ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年2月3日のニュース