広島の菊池&田中 WBC対策 三塁でノック受けた

[ 2017年2月3日 05:30 ]

コーチの言葉に真剣な表情で耳を傾ける(左から)菊池、丸、田中
Photo By スポニチ

 WBCに出場する広島の菊池と田中が、今キャンプでは初めて三塁の守備位置につきWBC公式球でのノックを受けた。

 前日1日、小久保監督からサードでの起用を示唆された田中は「違和感はなかったけど、長い距離を投げてないので(問題は)そこですね」と感想を明かした。この日は二塁への送球のみだったが、早い段階で一塁への送球練習も取り入れられる。玉木内野守備走塁コーチは「毎日(三塁での)ノックはやるつもり。徐々に距離を伸ばす」と語った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年2月3日のニュース