バレ ド派手場外弾2発 新助っ人グリーンと外国人枠一騎打ち

[ 2017年2月3日 05:30 ]

フリー打撃で豪快な打球を飛ばすバレンティン
Photo By スポニチ

 ひときわ大きな打球音が響いた。ヤクルト・バレンティンの打球がぐんぐん伸び、左翼フェンスを軽々と越える。同じ左翼方向にもう1発。推定飛距離140メートルのど派手な場外弾を2発も放った。

 「ヨユウデス!日に日に良くなっている」。WBCオランダ代表にも選出され、オフには上半身を3日、下半身を2日、合わせて週5日の筋力トレーニングを行ってきた。「ここ2、3年と比べても(状態は)いい」と好感触を口にする。

 今季初実戦となる13日の韓国・ハンファとの練習試合(浦添)にDHで出場し、17日のDeNAとの練習試合(同)ではWBCを見越して右翼守備にも就く見込み。チームの外国人枠は「投手3、野手1」が有力。真中監督も「現状(野手は)1人しか使えないと思っている」と言う。「全試合出場。打率重視で3割いきたい」と目標を定めた助っ人が新外国人グリーンとの一騎打ちを制する。(川手 達矢)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年2月3日のニュース