大谷、2日連続別メニュー「徐々に上げていくしかない」

[ 2017年2月3日 10:13 ]

別メニューの練習でキャッチボールする日本ハム・大谷
Photo By 共同

 右足首の故障で調整が遅れている日本ハムの大谷は、アリゾナでの春季キャンプで2日続けて別メニューで調整した。ランニング、キャッチボールをこなし、打撃練習にも励んだ。

 球場の外野フェンス沿いで行ったランニングでは量を増やすなど、明るい兆しも見えてきた。一方で、キャッチボールをする際には故障箇所をかばいながら投げており「(宿舎で)ケアしたりとか、やっている。(強度を)徐々に上げていくしかない」と淡々と言った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年2月3日のニュース