ソフトB 和田、精力的にツーシーム投球「しっかり投げ分けたい」

[ 2017年2月3日 18:41 ]

ブルペンで投球練習するソフトバンク・和田。奥は田中
Photo By 共同

 ソフトバンクの和田が米国で習得した沈むツーシームを精力的に投げている。今季は左右の打者に使うつもりで、キャンプ2度目となるブルペンでストライクゾーンを意識しながら投じ「両サイドにしっかり投げ分けたい」と話した。

 米国から復帰1年目の昨季は15勝5敗で最多勝と勝率第1位の2冠を獲得した。工藤監督は和田について「(先発入りは)確定」と明言し、全幅の信頼を置く。35歳のベテラン左腕は武器を磨いて開幕投手を目指す。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年2月3日のニュース