「骨折!」森監督はブラックジョーク 中日・岩瀬 左手打撲だった

[ 2017年2月3日 05:30 ]

突き指で投球を回避した岩瀬(左)は森監督とブルペンで話す
Photo By スポニチ

 中日の岩瀬が2日、利き手の左手薬指を痛めたため、予定していた投球練習などを回避した。その後、近隣の病院で診察を受け「打撲」と診断された。

 「(病院に行ったのは)腫れが引かなかったので…。たいしたことないですよ」

 1日のノックの際に負傷したといい、ブルペン投球などは取りやめたが、大事には至らず。岩瀬自身も明るい表情で軽傷を強調した。

 森監督は心配する報道陣に「骨折!」とブラックジョークを飛ばした後、今後の見通しを明かした。「あす(3日)すぐピッチングをやるというのはないけど。痛みがとれれば、大したことない。今クールには(ブルペンに)入れるんじゃないの?」。順調に回復すれば5日にも、投球練習を再開できる見込みだ。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年2月3日のニュース